むちうちによる背中の痛みの治療

文責:代表 柔道整復師 望月亘

最終更新日:2021年05月20日

1 むちうちで背中が痛くなる主な原因

 むちうちと聞くと、首の痛みを思い浮かべる方も多いかと思います。

 もちろん首が痛むこともありますが、実際には背中にも痛みが生じることがあります。

 痛みが出る原因は様々ですが、多いものとしてこのようなことが考えられます。

⑴ 筋肉の硬直・損傷

 自動車事故で強い衝撃を受けることにより、筋肉が損傷してしまったり、そこまでいかずとも過緊張を起こして硬くなってしまったりすることがあります。

 硬直や損傷が生じた部位を動かそうとすることで、痛みが生じる場合があります。

⑵ 血流の悪化

 筋肉が硬くなると、血流が悪化してしまいます。

 血流が悪化することにより、じわじわと痛みが出てくる場合があります。

 この場合、硬直した筋肉から離れた場所に痛みが出るということもありえますので、必ずしも背中の筋肉に原因があるとは限りません。

⑶ 骨格の歪み

 自動車事故での衝撃のほか、硬くなった筋肉に引っ張られることにより骨格に歪みが生じることがあります。

 影響は広範囲に及ぶ場合がありますし、見ただけではわからないような些細な歪みでも強い痛みや慢性的な痛みにつながることがありますので、注意が必要です。

2 背中の痛みに対する治療

 このように、背中の痛みの原因として多いものは、筋肉の硬直・損傷とそれによる影響です。

 それに対し、当院ではこのような治療を行います。

 なお、厳密には接骨院での治療は施術といいますが、一般的には接骨院が行うものについても治療といわれることが多いので治療と記載します。

⑴ 筋肉に対する治療

 手技を中心に、低周波や超音波といった電気、ホットパックや赤外線といった方法を組み合わせ、状態に合わせた治療を行います。

 機器には様々な使用目的がありますが、例えば低周波は筋肉の除痛、超音波は筋緊張の緩和、ホットパックや赤外線は血流の改善に用いています。

 使用のタイミングによっては効果を十分に発揮できない場合もあるため、当事前に詳細な検査を行い、その方にとって最適と考えられる計画を立ててから治療に入っています。

⑵ 歪みに対する治療

 手技による矯正を用い、お身体の歪みを改善していきます。

 この矯正は先に筋肉の硬直や痛みを改善してから行うため、優しい刺激で無理なく行うことができます。

 筋肉に引っ張られて広い範囲に歪みが出ていることがあるため、治療の効果を確認しながら全身を改善していきます。

3 むちうちによる背中の痛みは当院にご相談ください

 むちうちによる背中の痛みをそのままにしていると、痛みが慢性化してしまい、長年不調に悩まされるおそれがあります。

 当院が一日でも早い改善に向けてしっかりと対応いたしますので、まずはご相談ください。

施術時間

 
午前 -
午後 --

【平日】
9:00~13:00
13:00~15:30※
15:30~20:30
20:30~21:00★

※13:00~15:30は事前予約の自動車事故施術・トレーニング・美容整体のみ受付
★20:30~21:00は事前予約の自動車事故施術のみ受付

【土曜】
9:00~13:00

【定休日】
土曜午後・日曜・祝日

所在地

〒420-0801
静岡県静岡市葵区
東千代田一丁目19-11-2
【本院】

〒424-0002
静岡市清水区
山原223-1
【清水院】

〒422-8027
静岡市駿河区
豊田1-4-2
【駿河院】

〒420-0803
静岡市葵区
千代田7-2-18
【千代田院】

0120-481-022

お問合せ・アクセス・地図

PageTop